女性が知らない男性を落とす絶対法則

あなたが知らない男性を落とす絶対法則、それは「男性は想像に弱い」ということです。

 

 

この法則を裏付けるのに最も適した言葉があります。「絶対領域」です。
男性はカートとニーソックスの間からみえる太ももが好きなのではありません。
スカートやニーソックスに隠れた部分を太ももから想像できるから萌えるのです。

 

「見えるか見えないかギリギリ」という状態から想像する過程に男性は魅了されるのです。
ただ実際にこれをファッションに応用するときには、無理にきわどい服装をしなくても大丈夫です。
シースルーやワンポイントで首元に小さな穴のあいた洋服があると思います。

 

 

これらの透け感やちょい見せはそれだけでも十分に男性の想像力を刺激しています。
ここぞというときの勝負服として選択してみるとよいでしょう。
またこの法則は決してファッションとしてのテクニックにとどまりません。

 

 

言葉や仕草でも使うことができます。たとえば彼氏・彼女と行きたいデートスポットの話題になったとき、
「Aくんは彼女できたらどこに行きたい?」と聞いてしまったのでは相手の返答も
「○○に行きたい」と答えるだけになってしまい、ただの世間話に終わってしまいます。
「もし私がAくんの彼女だったらAくんは私とどこに行きたい?」と聞くのです。
実際にあなたがAくんの彼女となって二人で歩く様子をAくんに一度想像させることで
単純に行きたいデートスポットを聞くよりもよりあなたを意識させることができます。

 

 

また仕草としては手に触れるなどのスキンシップがありますが、
スキンシップの男性受けが良い理由も想像にあります。

 

ちょっと身体が触れあうだけでも男性は容易に性的な接触を想像できてしまいます。
女性が男性を単純だと思うのは、こういった想像が男性は得意だからです。

 

 

なので普段手を握ったり肩を寄せ合ったりするのが恥ずかしい人も安心してください。
お互いの服が触れている、男性の着ている洋服をつかむ(つまむ方がよいですが)だけでも
触れられている男性は触れている部分を少なからず意識してしまいます。

 

 

そもそも男性に触れるタイミングが分からないという人にはとっておきの方法があります。
それは「服や髪についたゴミをとるフリ」をすることです。

 

 

実際にゴミがついていなくても頭の上や背中は本人が確認することができません。
なので「背中にホコリがついてるよ」といってちょんとつまんでとってあげる(フリをする)のです。

 

 

そのほかにも男性を呼ぶときに肩をぽんぽん叩いたりする方法があります。

 

 

このように男性は想像にめっぽう弱い生き物です。この絶対法則を利用して男性に想像させるようにうまく見た目や言葉を選んであげるだけで
あなたが好きな彼はきっとあなたに振り向きます。