すそわきがは外陰部のアポクリン汗腺から出る汗で独特の臭い

すそわきがは外陰部のアポクリン汗腺から出る汗で独特の臭いがします。

 

どんなにおいか気になりますが、においの特徴で一般的なのはネギ、酢、納豆などです。においの感じ方は個人差がありますが、殆どはネギなどの刺激臭や、酢などのすっぱいにおい、納豆のにおいなどがにおいの種類は体質によっても異なり、人により感じ方も異なりますが、良いにおいとは言えないものです。

 

すそわきがは、脇のわきがと同じにおいがするのですが、陰部は蒸れたりにおいがこもりやすい部位で、特に女性の場合は生理などのにおいも含まれてわきがとは異なるにおいになることがあります。

 

においの感じ方は個人差があります。実はすそわきがは異性を惹き付けるフェロモンでもあるので、人によっては良いにおいと感じることもあるのです。嫌なにおいと思って過剰に悩むことはないものです。ただ、においの種類によっては強すぎて悪臭がある場合があり、この場合は婦人科系の病気であるケースもあるため、いつもと異なるにおいがある場合は婦人科を受診することが良い方法です。

 

すそわきがのにおは、アポクリン汗腺から出る汗で、汗が皮脂腺からの脂肪酸と混ざり、皮膚にある細菌が分解してにおいとなります。わきがもアポクリン汗腺からの汗がにおいの原因になるため、基本的にはわきがと同じにおいなのですが、尿のアルコール成分や陰部の蒸れなどで強いにおいとなる場合があるのです。女性は生理中は経血のにおいもあり、それがすそわきがと混ざりわきがとは異なるにおいとなるのです。

 

すそわきがのにおいが気になる場合、においを消すためにはトイレに行った際にビデなどで陰部を洗い流します。特に生理の時はにおいのもとの経血や汗などを洗浄することでにおいは軽減します。ビデがない屋外などは、デリケートゾーン用ウエットティッシュで優しく拭きます。外陰部は汚れが溜まりやすいところでもあります。入浴時には汚れをキレイに洗い流すことも心がけます。陰部は皮膚が薄くデリケートな部位で、強く擦ると逆にダメージとなり雑菌が入りやすくなります。デリケートゾーン用石けんや低刺激石けんなどをしっかりと泡立てて、指の腹を使い優しくて丁寧に洗います。

 

洗浄して清潔に保つことは大切なことですが、膣の中には善玉菌がいて、洗い過ぎは善玉菌を取り除き過ぎてしまい膣内に雑菌が繁殖しやすくなります。においを防ぐためには善玉菌は必要なので、においを防ぐためにも洗い流し過ぎには注意が必要です。

 

外陰部は蒸れやすい部位なので、下着も通気性の良いものを選びます。特にきつい下着は湿気がこもりやすくなるため注意が必要です。生理用ナプキンやおりものシートなどは通気性の良いタイプを使用し、まめに取り替えるます。長時間取り替えないのは、においだけではなく雑菌が繁殖しやすくなるので注意します。

 

食事も肉や乳製品を控えて魚や野菜を多く摂るように心がけて、太り気味であれば皮下脂肪を減らすように心がけることもにおいを軽減するためには必要なことです。